DSCN4897

K様邸 屋根瓦葺き替え工事

今回の工事は日本瓦→日本瓦への葺き替え工事です。

既存屋根瓦は築40年の陶器瓦で、凍てによる割れやズレなどがありました。
増築屋根と同じ燻し瓦での工事です。

今は粘土土を置き土葺きをせずに桟木を打ち引っ掛ける桟葺きが主流です。
瓦もステンレスの釘やビス留めをしますので瓦が飛ぶ・ずれる心配がありません。

屋根瓦を施工する職人により美観や長持ちなどが変わりますので職を熟知している方に施工してもらうことをおすすめします(^^)

既存屋根瓦を撤去

合板材を重ね張り

防水材と瓦桟を施工

壁際の瓦と水切り板金を施工

完成