DSCN4528

G様邸 屋根リフォーム 金属屋根材でカバー工法

こんにちは 岸田です。

今回の工事はカラーベスト屋根か金属屋根材の横暖ルーフでカバー工事をしました。

既存屋根が築15年のカラーベスト屋根でした。

全体的に外観はまだまだしっかりしていたのですが、棟包み板金が傷んでおり雨漏りしていました。

屋根のリフォームとして薄型スレート材(カラーベスト)を解体撤去せず、カラーベストの上から新設屋根材を施工します。

余分な撤去費や処分費がはぶけて、工事期間も短縮できる効率の良い工事方法です。
(※下地が悪い場合、下地工事が必要です。)


棟板金 漏水箇所

防水下地材施工・屋根材本体施工

天窓のトップライト廻りも板金で加工取付け

既存屋根

新設屋根